観光もビジネスもスカイマーク格安ツアーの予約がおすすめ

LCC(格安航空会社)並みに安い値段ながら充実したサービスを受けられるとあって多くの人々から人気を集めているのが、2011年にエイチ・アイ・エスの社長が手掛けた航空会社、スカイマークです。また、旅行会社各社でもスカイマークを利用したパックツアーを予約販売するなど、格安さを武器にした商品が数多く出回っています。

例えば名古屋に本社を置く名鉄観光は格安旅行や格安tourを手掛けている旅行会社ですが、ネットでも格安旅行専門店サイトを立ち上げています。その中でもスカイマークを利用するお値打ち価格のパックツアーがスカイマークツアー専門店サイト内に集約されており、沖縄や北海道、九州など人気の観光スポットを巡るコースが掲載されています。北海道を巡るツアーでは、人気の旭山動物園の日帰り観光バスと入場券が一緒になった札幌ステイのコースもあります。このツアーは、北海道の中心地、札幌を拠点として人気の観光スポットにも行けるとあって、北海道ビギナーにとってもうれしい内容といえるでしょう。札幌の宿泊ホテルはホテルエミシア札幌やホテルロンシャンサッポロ、マークスイン札幌など快適な滞在が出来て尚且つリーズナブルなホテルが厳選されているので、スカイマークという航空券の格安さを十分に享受できる内容となっています。他にも、テレビドラマ「北の国から」や「優しい時間」など人気ドラマのロケ地、富良野・美瑛を巡る人気コースや、日本最北の離島、利尻・礼文島でしか味わえない豊かな自然を満喫するツアーも、スカイマークならではのお手頃な価格で巡ることができます。

また、ビジネスでの利用もスカイマークは多くの人々からの予約を取り付けています。とにかく価格が安ければ他に希望するものはないというビジネスマンでも、スカイマークの格安さとパックになったツアーであれば十分満足の行く内容となるに違いありません。スカイマークの専売ツアーホールセラーであるスカイパックツアーズをはじめとして、格安航空券をメインに取り扱う航空券ドットネットやGOOD TRIP EXPRESS、旅スパート.comなど、数多くのサイトがスカイマークを利用した格安パックツアーを販売しています。出発5日前まで予約が可能で事前座席指定OKとあって忙しいビジネスマンの急な出張にも対応できる上、フライト帰着日の延長も可能で機内預かり手荷物が20キロまで無料というサービスも人気の秘密です。

投稿日:

スカイマークがLCCにカテゴライズされない理由

スカイマークは、LCC(格安航空会社)よりは高いものの全日空や日本航空などに比べれば驚くほど格安な料金で航空券の予約ができます。単純に比較すると、スカイマークの大人普通料金の最高価格が14,000円とすると全日空や日本航空などは2,8000円程度で、ほぼ半値で航空券が予約できるのです。もちろんこれは最高価格なので、搭乗する時期や時間、そして購入する時期によってはもっと安く購入することが可能です。LCC他社ほどでないにしても十分に安いといって良い航空券を販売しているのがスカイマークですが、LCCにカテゴライズされないのはこれだけが理由なのではありません。その理由は、スカイマークがLCC他社よりもサービスが充実しているという点が挙げられます。

LCCの料金が安いのはさまざまなコスト削減を実施した結果なので、全日空や日本航空などに比べればサービスで劣る点があるのは当然です。これまでは、飛行機に乗る楽しみの一つがサービスで出される選りすぐりのお茶菓子だったものですが、全日空や日本航空であってもかつてのようなお茶菓子のサービスはなくなり、スカイマークもより低料金を実現させるために順次廃止されているのがお茶菓子や食事のサービスです。スカイマークでは、プレミアムクラスとして設けられていたシグナスクラスで、機内食とともにウエルカムドリンクやアルコール類のサービスが実施されていましたが、2008年以降はシグナスクラス自体が廃止されるのを受けてすべての座席での食事や飲み物のサービスが廃止されています。その代わりに、スナックやソフトドリンク、コーヒーは100円で、アルコール類は300円、アイスクリームなどは100~300円程度と、非常に良心的な値段でのサービスが提供されるようになりました。それでも、LCC他社では例えばソフトドリンク類は200円程度するなど、スカイマークよりも高い値段が設定されており、そこから少しずつでも収入につなげているといわれています。

スカイマークがLCC他社よりも充実したserviceを行っているのは他にもあります。受託手荷物料金は、LCC他社のエコノミークラスが有料であるのに対してスカイマークは15kg以内であれば無料となり、ブランケットの貸し出しも、LCC他社がサービス無しまたはクラスによって貸し出し可能としているのに対して、スカイマークはすべての座席で無料での貸し出しを実施しています。

投稿日:

格安航空会社の草分けとして華々しくデビューしたスカイマーク

Skymarkといえば、2011年以降に相次いで登場した格安航空会社(LCC)第一号の航空会社として大きな話題を呼びました。航空規則緩和は1986年というかなり以前からスタートしていたものの、本格的な航空自由化の波が訪れたのはそれよりもかなり後の2011年以降なのです。1996年11月にエイチ・アイ・エス社長により設立されたスカイマークは、全日空や日本航空という大手ばかりが強いという状況が相変わらず続いていたこの業界に歴史的な風穴を開けた航空会社なのです。その後にピーチ・エアビエーションやエアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパンなどが続々と参入し、航空業界はそれまでとは文字通り様変わりすることとなります。

その草分けとなったのがスカイマークで、着実に旅客数を増やし続けて行った結果、一時は全日空や日本航空に次いで第3位の実力を占めるまでになりました。格安航空会社のおかげで航空券はそれまでとは比べ物にならないくらい格安な価格で販売されるようになり、「空をもっとカジュアルに」というキャッチコピーとともに私たちのライフスタイルまでもを一変させたのがスカイマークなのです。

しかし、その後は全日空や日本航空の航空券の値下げ対策などにより苦境を強いられることとなり、相次ぐ運航トラブルも重なって経営状態は悪化の一途をたどることとなります。一時的な黒字回復などが見られた時期はあるものの根本的な解決とはならず、ついに全日空や日本航空に支援要請を行ってコードシェア便を運航させるなどさまざまな対策を講じることとなりました。そして2015年には東京地方裁判所に民事再生法適用を申請しています。

スカイマークは、格安航空会社他社とはやや異なる路線を打ち出していたことが特徴です。格安さでいえば格安航空会社には負けるものの、非常に分かりやすくシンプルな価格設定が旅客から高評価を得ています。また、2014年には客室乗務員のミニスカートの制服を採用したことで、広くお茶の間の話題になるとともに物議を醸しだすことにもなりました。この制服は後にウインドブレーカーとポロシャツといういでたちに代わることとなります。国際便に関しても積極的な考えを持っており、2003年の羽田ソウル間、2010年の羽田グアム間、2013年の成田グアム間などに直行便を運航させたりもしていて、現在は2018年の国際チャーター便の就航を予定しています。

投稿日:

スカイマークと茨城空港の深い関係

LCC(格安航空会社)はすっかり私たちの旅の計画になくなはならないものとなりましたが、その草分け的な存在がスカイマークです。全日空や日本航空の約50%という格安な航空券を販売して業績を上げた時代もあったスカイマークでしたが、残念ながら華やかな時代は長続きすることがなく、現在はLCC他社に押されっぱなしの状況にあります。そして、そのようなスカイマークと切っても切れない関係を結んでいるのが茨城空港です。茨城空港は、1937年に海軍飛行場として設置されたのがはじまりで、1995年に茨城県が民間との共用化構想を発表して2010年についに官民共用がスタートしました。

この開港記念フライトをしたのがスカイマークで、1日限定で茨城-羽田便、茨城-神戸便を運航しました。それ以来、茨城空港から離発着するのはスカイマークという状況で、札幌-茨城、神戸-茨城、茨城−福岡などはSkymarkだけがとんでいる貴重な便だといえるでしょう。

そのスカイマークが経営破たんしてしまったのが2015年の1月です。スカイマークの再生に関しては、ANAグループや投資ファンド会社インテグラルなどによりさまざまな案が出されたものの、ありとあらゆる面でスリム化することを余儀なくされるのは必須で、路線が縮小されることは重大な焦点の一つとなっています。既に廃止となった路線もたくさんある中、国内線はスカイマーク頼みというのが現状の茨城空港にとっては予断を許さない事態となっているわけです。搭乗率が良いのであればヤキモキする必要もないわけですが、残念ながらスカイマークが担う国内線では良い成績を収めているとは言い難いのが現状です。

2015年には、茨城空港内売店などで利用できる3,000円分のクーポン券や、牛肉やお米など茨城県特産品を国内線利用者にプレゼントするという大盤振る舞いな苦肉の策を実施するも、大幅な搭乗率の回復とはなりませんでした。しかし、空港閉鎖かという声がささやかれる中で国際線の利用者が増加したことは、国内線利用者の伸びの鈍化をカバーして茨城空港の存続を保つこととなりました。そのほとんどは全国の空港で利用者が急増する中国人旅行者で、茨城空港を経由して東京に入るということが定着したことが理由です。しかし、今後もスカイマーク利用者が増加しなければ、茨城空港は国際線LCC専用空港と化す可能性は低くはありません。

投稿日:

第一号の新規参入航空会社として登場したスカイマークの歴史

スカイマークは、1986年にはじまった航空輸送業界の規制緩和政策により最初に参入した第一号の新規参入航空会社でした。それまでの航空輸送業界といえば全日空や日本航空をメインとしており、現在からは考えられないような高い金額を支払って航空券の予約をするのが当たり前という業界だったものです。そんな状況が、スカイマークの登場により一変することとなり、ほぼ半値といえるくらいの格安の金額で飛行機での旅行が楽しめるようになったのです。この一件は、日本の航空業界の新たな夜明けといわれるほど人々の高い関心を集めました。

Skymarkが、全日空や日本航空の航空券と比べてここまで安い料金が設定できたのは、機内サービスを徹底的に簡素化したことや、あらゆるシステムを合理化させた結果です。そして、その企業努力は平均搭乗率80%という驚くべき数字を叩きだすことになったのです。しかし、スカイマークに搭乗した旅客の多くはかつては全日空や日本航空に搭乗していた旅客であり、全日空や日本航空はスカイマークの大頭により大きな減益を記録することとなりました。そして、これに対抗するためにと考え出されたのが、スカイマーク出発便に合わせた自社便の大幅な割引作戦でした。全日空や日本航空がこれまでにないほどの大幅な割引を実施した結果、今度はSkymarkの方が大きな減益を記録することとなり、実績がまだなかったこともあってすっかり赤字に転落するまでに陥ってしまったのです。

この全日空や日本航空が取った大幅な割引作戦は、公正取引を無視した不当な値下げ(ダンピング)なのではないかとたびたび議題にのぼることもありました。Skymarkを始めとして、格安航空会社(LCC)がこれほどまでに格安の航空券を販売できるのは、徹底的にカットできるところをカットしているからという一言に尽きるでしょう。それを、全日空や日本航空は、サービスはこれまでと同レベルのものを提供して料金はスカイマークと同程度にまで下げたわけなので、不当なものに当たるのではという疑惑が生じたのもやむを得ないところがあるといえます。もちろん、旅を楽しみたい一般の利用者にとっては、格安であればあるほど嬉しいに違いありません。でも、長期的に見ればそれが航空輸送業界の発展につながるかどうか、また、公平な経済活動といえるのかどうか、という点を判断するのはそう簡単ではないといえるのではないでしょうか。